座標軸Q(+) 2022 by ひろし

Renaissance Birth ・ 地球人の生き方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Hiroshi 09 on  | 

光への帰還


再生
Category : シリウスの心 Gaia


どのくらい昔からかは、わかりません。

何かを得る、成功することで、生きる喜びや満足感、充実感を
得る人達は、常に目的、目標、夢を求め、それらを成就するこ
とで、存在意義、価値を感じる集合意識を生み出しました。

別のグループは、常に何かに帰属し、その中で必要とされてい
る自分、役に立っている自分を演じることで、生き甲斐を見つ
ける道を選びました。

これらの考え方が間違っているわけではありません。
ただ、違う生き方もあります。

地球では唯一の正解、唯一の真実、たった一つの手段を求める
傾向がありますが、民族、言語の数ほど、動植物の種類ほどに、
正解、手段、真実には、バリエーションがあります。

人の生き方もそれぞれです。
例えば、ここに存在しているというだけで納得、満足し、幸せ
な人生を歩む、というのも一つの可能性です。
ここにいる、ここで生きているというだけで自己を完結するの
です。他人からの承認は必要なく、何か特別なことをすること
も、人と違った資質や資格も必要ありません。
単純に私は存在している、という事実を受け入れるだけです。

神道をベースとしていた祖先の人々は自分を含め、万物全ての
中に神性を感じ、感謝することを重んじていました。
内在神を信じていたので、自分も神の一部と認識していたので、
神に頼ったり、逆になじったり、自分を卑下することも、誰か
を責めることなく、他の人達、生き物と一緒に自然、宇宙と共
生していました。

多くの人が、自分の真の姿を見えていません。
自分には価値がない、自分はダメな人間だという思い込みがあ
り、学歴、資格、肩書きなどに惑わされて自己を見失っていき
ます。

仮に好きなことをしていて、それが自分、全体に貢献できてい
ない場合、必ずそこには、私欲、野心、私憤、妥協、打算など
が影響していて、結果を期待する心が反映しています。
他人から良い評価を得るため、好かれるために自分を演じ、相
手が期待している通りの自分になろうと努力していると、いつ
か自分、相手を裏切るような結果を生みます。

恐怖、妬み、疑心暗鬼。
誤解、喧嘩、別れ。
恨み、怒り、悲しみ。

自分本位の行動、他人に合わせた生き方には、状況を変える、
成長する、望みを現実化させるだけの創造性、パワーはありま
せん。
それは、権力、地位、経済力、名声、名誉、武力などを背景と
した、幻想的なパワーに頼ってもがくこと、努力することに似
ています。

自然に自分がやりたいことをしていれば、人へ、全体へも貢献
することができます。自分が存在している必然に対して正直に
行動する時は、エゴが介在しないですからです。

それぞれの思い。
それぞれの願い。
歩いて来た人生、与えられた経験、学び。
出会い。

その中で、常に自分が真に希求するものは何かを忍耐強く問い
続け、一番シンプルなことからはじめ、積み上げていく中で、
いつか自分の本質が見えてきます。

自分で作っているイメージや家系、民族、教育などの殻で作ら
れた個の幻想を破り、その中にある、種としての、生命体とし
ての根源的な輝きを取り戻すことができれば、小さいエゴを越
えた自己を獲得することができます。

自ら悩むこと、考える事、感じることから逃げず、自己、時代
と向き合い心を開く時、今まで止まっていた時間が再び動きは
じめます。

これは、始まりと終わりのプロローグ。



関連記事
スポンサーサイト

Posted by Hiroshi 09 on  | 0 trackback

Trackbacks

trackbackURL:http://hiroshi222.blog.fc2.com/tb.php/24-bb6ae8aa
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。