座標軸Q(+) 2022 by ひろし

Renaissance Birth ・ 地球人の生き方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Hiroshi 09 on  | 

生きる


11月21日から12月17日まで、今年4度目の日本出張で各地
を回っていたのですが、吸収することがあまりに多すぎて書
く余裕がありませんでした。

人は自分の尺度でしか物事が見れません。
新しい発見で別の角度から日本を見れるようになると、そこ
でまた新たな疑問が生まれ、感じ方、見方にも変化が起こり、
新しい視点で今の日本を見ていると、今までとは違った新し
い違和感が芽生え、何かが頭の中でくるくる動き出しました。

思考パターンの書き換え、再構成という感じで、既存の価値
観、固定観念との葛藤ともいえるこの作業が終わるまでは、
自分の考え、思いをうまく文章化できなくなります。
過去、ひどい時は数ヶ月間まともに文章が書けなかったこと
もありました。

こういう時は無理に考えをまとめたり、書き出すことはせず、
目の前のものを素直に吸収することだけに集中するよう心が
けています。

去年のMilano Expoで日本各地の方々と接して、たくさんの
お話ができたことが、今の自分の糧となっていますが、この
頃から流れが大きく変わった感じがします。
そこには自分というより、もっと大きな世界の意図、思いが
動いているような気がして、それにちゃんと応えなければと
いう気持ちが高まりました。
日本をもっと知り、これからの世の中のために何ができる国
なのか、何をすべきなのかを知り、その中で私の任務、役割
は何なのかを見出すこと。
それが私の2016年でした。

残念ながら私にはここが故郷、地元と思える場所がありませ
ん。そして幸いにも特定の土地に縛られていません。
それ故か、自分が気に入ったところ全てが自分の故郷と思え
る自由さを持っています。
日本と一言でくくっても、実際は一つの県の中の市、村同士
のつながりとか県同士のつながりはあまり強くありません。
学校で同じ県内、市内でも学校が違う生徒同士の交流はあま
り盛んではないですし、会社でも部署同士の関係は希薄です。
同じ日本人なのに..
気づかぬうちに、私たち日本人が一致団結することがないよ
う、うまく教育されてしまっているのかもしれません。

日本が抱えている問題を直視し、それを正直に認めて最善の
解決策を見出すことをせず、現実から目をそらし全てを楽観
的に捉え、不都合な真実は隠蔽し、根拠のない理屈でごまか
しているのが政治的面から見た日本です。
これは日本を信じてくれている諸外国の人たちの信頼を裏切
る行為でもあります。
多くの日本人が、お金さえあればなんとか乗り切れる問題だ
と信じているようですが「不沈大和」、「安全神話」という
妄想、錯覚と同じです。

日本人は長い間、自然と共に生きてきた民族です。
その智慧、精神は何処へ行ってしまったのでしょうか。

自分の夢を追いかけたり、与えられた仕事に一生懸命になる
こと、出世、名声、玉の輿に成る、セレブ的生活をするとか、
モテる人生、おしゃれな生き方など、それもまた人生かもし
れません。
もし、本当に幸せならば。

仮に何の結果も出せていなくても充実感を感じれる、たとえ
挫折しても死にたくなるほどは落ち込まない、取り残された
ような孤独を感じなければ。

今の日本の現状、自分の人生ですが、笑顔を忘れてまでも守
る価値があるのかどうか、冷静に考える必要があります。
国のためと言いつつ、結局は自分達の政党が第一であり、国
民の生活、国の未来を考えているなど所詮は選挙で勝つため
の方便にすぎない人たちに一任していていいのでしょうか。
実際に生活に困っていない人たちに国民が豊かになるための
政策など立てられるわけがありません。

今の日本に何が必要か、何をすべきか。
それは現場で実際に生きている私たちにしか気付けない、見
出せないことだと思います。

旅路

関連記事
スポンサーサイト

Category : 徒然日記 1Q84
Posted by Hiroshi 09 on  | 0 trackback

Trackbacks

trackbackURL:http://hiroshi222.blog.fc2.com/tb.php/23-91febb03
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。