座標軸Q(+) 2022 by ひろし

Renaissance Birth ・ 地球人の生き方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Hiroshi 09 on  | 

自己尊重

Category : 精神の基礎体力


なんで生まれてきたのか、生きる意味は?と自問自答する人は少なく
ないと思います。

こういう考えもできます。
いろいろなドラマの中で役を演じる中で、人がどこまで堕ちるか、登
ることができるか、その中で人はどんな意識を持つのか、感情が湧い
てくるか、どんな行動をとるのか、いろいろ試しているという見方で
す。

逆境を生かし成長、成功する人。
逆境に負けて犯罪を起こした人。
失望、怒り、諦め、希望、喜び..悲しみ、笑いに涙。

いろいろな状況に身を置く中で、性格が歪む、暗くなる、悪くなる、
ひねくれる、もともとお人好しだった人が疑いから入るような人間に
なったり、卑屈になっていた人が感謝できる人になったり、悟る、壁
を乗り越える、スランプを抜ける、一皮むける、いろいろな意識、感
情を持ち、その中で役を演じます。

諦める前に、自分が自分の人生の脚本家になったつもりで、もう一度
人生を見てください。

どん底から這い上がり奇跡的な成功をする主人公、なんの不自由もな
く生きてきたのに、そのありがたさに気付かず落ちてゆく人間のエゴ
やサガを見せるドラマ、良心的な人間が不幸になる社会の矛盾、問題
を浮き彫りにさせる映画とか。
自分が脚本家というイメージができない場合、ストーリーを作った人
がどんな気持ちで書いたか、何を伝えたいのかを考えるのもいいと思
います。自分の人生を、ちょっと離れた視点から冷静に見ることがで
き、私は、私に、私がという見方、考え方から離れるのもいいことで
す。自分は主人公であると同時に、その映画の中の一人の俳優でそれ
ぞれ違った役柄、意味、価値があります。
一人一人が、個性豊かなユニークな存在なので、本当は比較してどち
らが上、下と比較しても意味がないことなのです。
あの人のようになりたい、あいつには負けたくないと相手にフォーカ
スすると自分を見失ってしまいます。

何にフォーカスするか、何を選択するかで、そのキャラクターの性格
を変えることができます。目の前で起きていることにどんな意味を与
えるか、どう受け取るかで置かれた状況に変化を与えたり、次に起き
ることを変えることが可能です。
残りの半日を暗い気分で過ごすことも、もうどうすることもできない
と観念して今までの自分を捨てる覚悟を持ち生まれ変わる決心をする
こともできます。

人間ほど個体差のある生物はいないのではないでしょうか。
そしてその個体差を生かせる社会を形成しているのです。
蟻にはある特定の役割しか期待されていないので、進化しようがあり
ません。特に触覚が敏感とか、短距離が早いとか、必要ないからです。
私たちの場合、文章力に長けている、記憶力がいい、絵がうまい、発
想が独特、語学に敏感、肺活量がすごい、持久力がある、反射神経が
いいとかで役割、職業を選ぶことができます。
これはすごい可能性です。

偏見や固定観念、常識という枠を取って、イメージしてみましょう。
まず、作り笑いでもいいので笑ってみる。
今度はその笑った自分がどこにいるか、何をしているかをイメージし
てみてください。
その時、安定した職業だ、かっこいい、高給だとか、説明、理由付け
はいりません。
抵抗なく、比較的楽に、気分良くイメージできることほど、今の自分
に共鳴するものなので、何らかの根源的な理由が潜んでいます。

笑顔で成功した自分をイメージします。
どういう暮らしをしているか、何をしているか。
人に見せつけいた、自慢したい成功ではなく、幸せそうに満足してい
る自分は?と考えたほうがいいかもしれません。

もう絶対にダメと思っても、まず笑い、ガッツポーズをして、上を向
き、手も上にあげ、もう一度笑ってください。
そして深呼吸。まずは吐いて...全ての空気を吐ききったところで深く
吸う。身体の中に溜まった空気を全て吐き出すのは意識的にしないと
難しいのですが、足りなくなった空気は自然に入ってきます。
意識しなくとも身体が勝手に吸おうとします。
身体の生きようとする意思はすごいです。

これらは自分で自分を認められるようになるためのレッスンです。
自分を認めることができれば他人の目も気にならなくなり、認められ
たいという欲求も消えます。
それでいい職につけるとか、給料が上がるとかの保証はありませんが、
生きることが楽になるはずです。
批判されても、拒否されても、奈落の底に落ちることなく、這い上が
れるだけの力は残るでしょう。

生きている意味も必要なくなり、生きているということがすでに意味
のあることだということも実感できると思います。
特に何をした、評価してもらった、結果が出たということもなく、満
足感、達成感、充実感が得られます。

作り笑いではなく、本当の笑顔になっているでしょう。


関連記事
スポンサーサイト

Posted by Hiroshi 09 on  | 0 trackback

Trackbacks

trackbackURL:http://hiroshi222.blog.fc2.com/tb.php/19-52865623
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。