座標軸Q(+) 2022 by ひろし

Renaissance Birth ・ 地球人の生き方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Hiroshi 09 on  | 

氣付く - 目覚め


556050_354197004649309_749703791_n.jpg
Category : シリウスの心 Gaia


つつがない人生は本当に楽しいでしょうか?
少なくとも映画やドラマだったら退屈で、高い視聴率は望めません
し、3話くらい見たらもう次は絶対見ないと思います。

理不尽なこと、理解できないこと、自分の力ではどうしようもない
ことが身の回りでたくさん起きているかもしれません。

毎日当たり前のように買っている物が、もしかしたら突然買えなく
なるかもしれないという不安が襲ってきたことはありますか?
”また明日ね”と別れた後、もう二度と会えないかもしれないと考え
たら確かに辛いです。
でも辛いからそういう恐怖にフタをしますか?
個人が考えてもどうにもならないからと諦めて、見て見ぬ振りをし
ますか?

バカな政治家達だとなじって、その国のパスポートを持っている自
分に、これからも甘んじて生きていくのですか?
他の国の人たちには、すみません、国がおバカなだけで私は関係あ
りませんでは通用しません。その国の国民としか見てくれないから
です。

強いから、お金持ちだからリーダーなどとは、幼児のガキ大将みた
いな理屈であって、少なくとも今の時代、そのような強さだけでは
どの国も屈しませんし、認めてくれません。

今、目の前に二つの選択肢があります。
起こったことを人や環境、時代のせいにして生き続けるか、その状
況を変えるために頭を、身体を使うか、誰もがどちらかを選択でき
ます。

世界最古の国、日本。
創業200年以上の老舗が世界で最も多い国でもあります。

何故か?
どうして日本なのか?
その問いかけの中に、私たちが進むべき道が見つかると思います。
単純な競争原理、経営方針、資本主義論では到底実現できることで
はありません。
なんで日本なのだ、お前達なんだとやっかんでいる人達がアメリカ、
そして欧州にもいるのではないでしょうか。

何気なく受け継ぎ、当たり前のように甘受しているこの日々への感
謝は、過去に日本の未来を信じ、辛さ、悲しみ、無念さを抱きなが
らも自らの命を捧げ散っていった人達への供養にもなります。

今は欧米を模範し突っ走る時代でもないですし、俺たちは凄いんだ
と誇示する時代でもありません。

最も日本人らしい振る舞いが、もっとも世界に貢献できる道だと思
います。この世に生まれた以上、精一杯、自分らしく、日本人らし
く生きるのが素敵じゃないでしょうか。

"道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である"
二宮尊徳

もう、人の命の意味を失くすような言動、戦い、政治はやめなけれ
ばなりません。

今守るべきものが何なのか。
惰性で続けてきたことか。
皆が信じている常識か。
この平穏無事という仮面をかぶった日常か。
目を伏せて見て見ぬふりをしている現実か。
自分たちで作る、より良い、最善の未来か。



関連記事
スポンサーサイト

Posted by Hiroshi 09 on  | 0 trackback

Trackbacks

trackbackURL:http://hiroshi222.blog.fc2.com/tb.php/10-ddf1f7e5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。