座標軸Q(+) 2022 by ひろし

Renaissance Birth ・ 地球人の生き方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Hiroshi 09 on  | 

日本らしさ、心

The 和
祈り


日本人が日本人として国を再生しなければならない時代が来ま
した。

今の皇居は徳川将軍のお城なのでピンと来ないかもしれません
が、京都御所こそが本来の皇居の姿です。
敵から守る石垣もお堀もなく、御所内に兵を駐屯させる施設す
らなく、全くの丸腰です。
そんな国が果たして過去存在したのでしょうか。
軍事力で支えられていない王様、君主…権力者、支配者がいる
国。

天皇は制服した君主ではないので、その地位、力を奪われると
いう考えがなく、どんな武将からも攻撃される立場ではありま
せんでした。
皇室内の抗争、天皇が倒幕の為に立ち上がったなどいくつかの
戦闘はありましたが、天皇を殺害、王朝を倒すといった事例は
ありません。日本は古(いにしえ)から続く神(かん)ながらの道
が生んだ国で、誰が作った、教えた、書いたわけではない”大
道”がある国です。
もともと大義のない戦はしない、できない民族であることは覚
えておいてください。

先進国で戦争をしない、自然と共に共生する国は世界をコント
ロールしている人たちにはめんどくさい存在。だから色々な人
たちが裏で働きかけ日本を変えようと動いてきました。
ですが、その日本らしさこそが今の時代、地球に最も必要なこ
となのです。
その精神を理解できる、共鳴してくれる人たちは世界にたくさ
んいます。

私たちは決して孤立していません。
私たちがすべきことは争いではありません。

敵から守る石垣もお堀もなく、軍隊もない、全く丸腰の世界を
作りましょう。

それが理想で終わるか、実現するかは私たち次第です。

まだ終わってはいません。



関連記事
スポンサーサイト
Category : The 和
Posted by Hiroshi 09 on  | 0 trackback

本心と向き合う勇気

精神の基礎体力


本心、本音と向き合う勇気。
そして、それを言う勇気。
聞く勇気。


私たち人間は言葉、文字を持ち、それを使い、表現して
自分の考え、思いを相手に伝え、また相手が話している
こと、伝えたいことを理解してあげられるだけの知識、
知恵を持っています。

でも受け取り方は千差万別、相互理解がいかに難しいか
も知っています。

どうして理解してもらえないのだろうと思う前に、言葉
や文字を我々がどう普段使っているかも考えることが大
切です。

相手にうまく理解してもらおうと考えたり、相手を怒ら
せないように、傷つかせないように気をつかったりもし
ています。
テクニック、配慮、思いやり、優しさ。
言い方はいろいろありますが、つまりは感じているほど
には、相手に思っていることをストレートにぶつけてい
ないのです。

要領よく、面白く、簡素に、不必要だと思うことは話さ
ず、時に嘘を言ったり事実を隠したり。
つまり、最初から自分に都合よく理解してもらう、説得
することが目的となっていて、本心から相互理解するた
めにコミュニケーションを取っているわけではないので
す。

本音で話し合う。。言うほどには簡単ではありません。

面白いのは、計算通りになかなかいかないのも人間同士
の会話なのです。

会話の中には、自分が言っていることと、相手が自分に
言わせていることの両方があります。
自分で自分に言い聞かせて納得しようとしても、なかな
か受け入れられない、抵抗があることを意図的に相手に
言わせ、それを自分の耳で聞くという、回りくどいこと
を時にします。

本当は自分が相手に言わせているのに、それに気付かず
に、言われて怒る、悲しむ、傷つくことがあります。

冷静に、これは相手が言っていることなのか、それとも
相手に言わせているのかを考えながら話すのは、なかな
か面白いものです。

何れにしても、自分が聞かねばならないことを相手が言
うのだと思って耳を傾けると、少し素直になれて、より
スムーズに会話が進むかもしれません。




ノートに残っていた一言
レノン、セナ、マイケル..
本音で生きるのは大変だよね。
でも、かっこいい生き方で、人々の心に残る生き方だね。





Posted by Hiroshi 09 on  | 0 trackback

解放と浄化

シリウスの心 Gaia

孔雀


心の浄化。

繰り返してきた失望、怒り、悲しみ、絶望。
自分の夢、目的、正義を貫くこと自体は間違いではありません。
でも、その夢、目的、正義を貫くことに執着し、結果を期待し、
自分の行動を全て正当化するのは危険です。
目的達成のためには手段を選ばないような行動に暴走する恐れ
があるからです。

嘘も陰謀も殺人さえも正当化してきた人間の歴史を見ればわか
ります。その人たちが求めていたのは力、神をも超える無限の
力。助けるため、変えるために、その力を欲し、全てを力で変
えるという欲に変質してしまう心。

新しい時代を迎えるためには、そこをクリアーすることです。
今までのトラウマを全て手放す時期です。
人に頼ったり、利用するのではなく、つながる。
それだけで十分なのです。

助ける、助けてもらうというそれぞれの立場が同化して、本当
の意味での、人間が間違った形で認識している力になります。
絶対的な力=暴力ではない創造的なパワーです。


Category : 未分類
Posted by Hiroshi 09 on  | 0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。