座標軸Q(+) 2022 by ひろし

Renaissance Birth ・ 地球人の生き方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Hiroshi 09 on  | 

生きる


11月21日から12月17日まで、今年4度目の日本出張で各地
を回っていたのですが、吸収することがあまりに多すぎて書
く余裕がありませんでした。

人は自分の尺度でしか物事が見れません。
新しい発見で別の角度から日本を見れるようになると、そこ
でまた新たな疑問が生まれ、感じ方、見方にも変化が起こり、
新しい視点で今の日本を見ていると、今までとは違った新し
い違和感が芽生え、何かが頭の中でくるくる動き出しました。

思考パターンの書き換え、再構成という感じで、既存の価値
観、固定観念との葛藤ともいえるこの作業が終わるまでは、
自分の考え、思いをうまく文章化できなくなります。
過去、ひどい時は数ヶ月間まともに文章が書けなかったこと
もありました。

こういう時は無理に考えをまとめたり、書き出すことはせず、
目の前のものを素直に吸収することだけに集中するよう心が
けています。

去年のMilano Expoで日本各地の方々と接して、たくさんの
お話ができたことが、今の自分の糧となっていますが、この
頃から流れが大きく変わった感じがします。
そこには自分というより、もっと大きな世界の意図、思いが
動いているような気がして、それにちゃんと応えなければと
いう気持ちが高まりました。
日本をもっと知り、これからの世の中のために何ができる国
なのか、何をすべきなのかを知り、その中で私の任務、役割
は何なのかを見出すこと。
それが私の2016年でした。

残念ながら私にはここが故郷、地元と思える場所がありませ
ん。そして幸いにも特定の土地に縛られていません。
それ故か、自分が気に入ったところ全てが自分の故郷と思え
る自由さを持っています。
日本と一言でくくっても、実際は一つの県の中の市、村同士
のつながりとか県同士のつながりはあまり強くありません。
学校で同じ県内、市内でも学校が違う生徒同士の交流はあま
り盛んではないですし、会社でも部署同士の関係は希薄です。
同じ日本人なのに..
気づかぬうちに、私たち日本人が一致団結することがないよ
う、うまく教育されてしまっているのかもしれません。

日本が抱えている問題を直視し、それを正直に認めて最善の
解決策を見出すことをせず、現実から目をそらし全てを楽観
的に捉え、不都合な真実は隠蔽し、根拠のない理屈でごまか
しているのが政治的面から見た日本です。
これは日本を信じてくれている諸外国の人たちの信頼を裏切
る行為でもあります。
多くの日本人が、お金さえあればなんとか乗り切れる問題だ
と信じているようですが「不沈大和」、「安全神話」という
妄想、錯覚と同じです。

日本人は長い間、自然と共に生きてきた民族です。
その智慧、精神は何処へ行ってしまったのでしょうか。

自分の夢を追いかけたり、与えられた仕事に一生懸命になる
こと、出世、名声、玉の輿に成る、セレブ的生活をするとか、
モテる人生、おしゃれな生き方など、それもまた人生かもし
れません。
もし、本当に幸せならば。

仮に何の結果も出せていなくても充実感を感じれる、たとえ
挫折しても死にたくなるほどは落ち込まない、取り残された
ような孤独を感じなければ。

今の日本の現状、自分の人生ですが、笑顔を忘れてまでも守
る価値があるのかどうか、冷静に考える必要があります。
国のためと言いつつ、結局は自分達の政党が第一であり、国
民の生活、国の未来を考えているなど所詮は選挙で勝つため
の方便にすぎない人たちに一任していていいのでしょうか。
実際に生活に困っていない人たちに国民が豊かになるための
政策など立てられるわけがありません。

今の日本に何が必要か、何をすべきか。
それは現場で実際に生きている私たちにしか気付けない、見
出せないことだと思います。

旅路

スポンサーサイト
Category : 徒然日記 1Q84
Posted by Hiroshi 09 on  | 0 trackback

変革の時代

Category : 徒然日記 1Q84

世界で起きていることが日本に影響し、日本で起きていることは世界に
影響を与える。

日本で起きていることが、また別の国でも起こる..

あれっ、なんか揺れているな〜。
ミラノで地震!?
ん?、うとうと寝てしまったのかなぁ..
もしかして朝!?
まさか寝坊した??
今何時だ?と部屋の電気をつける。

交錯する思考。

6:00 am。
そうだった、日本にいたんだ..
妹に朝6時に起こしてと頼んでおいたのに..などなど思いながら起きる。

最近は日本に来ても、あ〜日本だーとは感じなくなった。
イタリアと日本。
頭の中での距離感は大阪と東京くらいか。
二国間の違いを、それほど大きなギャップとは感じなくなっているのか
もしれない.....

日本のドラマも時差もあるからだけど、その日のうちにキッチンで洗い
物をしながら、普通に日本で暮らしている感覚で見れる。
無印はミラノに5店舗。
来年はユニクロもついにオープン。
Skypeやlineで気軽に話せ、日本ではどこでも気軽にピザやスパが食べ
れるし、イタリアの食材もそれなりに揃っている。
実に面白い時代だ。

15年ぶりに行った自由が丘エリア。
楽しみにしていた古桑庵、あまりの人の多さに外から写真だけ撮って退
散。近くにあったカフェ&レストランへ。
テラスがあり、煙草も吸えたので迷わず入る。

こうして日本着いた翌日の朝は地震で目が覚めて始まり、夜はボンゴレ
のスパゲティー。
くノ一君との初めまして対談。
興味深い話ができた。

速報


これをきっかけにまた新しい繋がりができ、それが風となり、動きとな
り何かを変え、何かを生み出していく...
何が起きるか楽しみだ。

とにかく今は、目の前にあるカードをフルに使い、生かし、できること
をやるだけだ。





Category : 徒然日記 1Q84
Posted by Hiroshi 09 on  | 0 trackback

再会の日

sumiko

Category: 徒然日記 1Q84



子供達がこの国、この星に生まれて来て本当によかったと実感できる
ような社会を残すことが、私達の使命だと思います。正直、ハードル
が高いな〜と思いますが、だからこそやりがいがあるとも言えますね。

ちょっと前までの世代は、祖父母、叔父叔母、ご近所と、色々とめん
どくさい人間関係の中で揉まれつつ、笑いと涙と怒りのドラマを通じ
て、自分を、肉親を、他人を愛し慈しむ方法を身につけ成人になれた
のですが。

戦中・戦後の乱世の中で両親、兄弟姉妹、祖父母らと死別して家庭ら
しい家庭の雰囲気を知らないまま親になった人、核家族という閉鎖的
な生活の中で成人になった人など、今はどちらかといえばぶっつけ本
番で、ハイ、今日から母親ですよ、お父さんですよと放り出された、
子供のまま大人に、親になって戸惑っているという感じでしょうか。

お互いが育て下手、愛し下手で愛され下手。
それであーでもない、こーでもないと悩み、耐え、時に発散しながら
忙しく毎日を過ごす中で、子育てをしています。とても不器用で、存
在の悲哀とも言える現代人のぎこちなさは、どこか滑稽に映るかもし
れません。

その不自然さが社会で戦争、環境汚染、派閥や利権争いとして表面化
し、子供同士のいじめにも繋がり、世が乱れているので家の中も乱れ
ます。陰湿な犯罪や自殺が増えている要因にもなっています。

まずは成人だ、社会人だ、大人だという自覚は横に置いておいて、皆
が未熟者、まだ修行の身という氣持で素直に学び直すという姿勢が必
要かもしれません。

未熟者=だめ人間、クズ、阿保という訳ではありません。
ぶどうにも、熟成され形を変えたワインにも、それぞれの価値があり
ます。赤ちゃんも子供も大人も、その存在価値に上下はありません。

私にとっては議員バッチも幼稚園児の名札も同じです。
片方が先生なら、園児も先生です。

パパの仕事がちゃんとした仕事なら、ママのやっていることも立派な
仕事です。

色々と面倒な色眼鏡でお互いを、私は、あなたはと牽制し合っている
場合ではありません。皆で一丸となって目の前にある問題に対処して
いこうと決断する時です。

4歳児、5歳児の議員や企業顧問もありだと思っています。
妙な先入観、固定観念がないので、問題や、その問題の解決法見える
でしょう。

成功のおまじない:
これから毎日あらゆる点で、きっとよくなる!
必ず良くなる!絶対良くなる!


再会の日
古の掟を守る光の導き手よ
再会の地にありて
かの昔より定まりたる
はるかなる仕組みの働き
行わん




Category : 徒然日記 1Q84
Posted by Hiroshi 09 on  | 0 trackback

仕事の醍醐味

☆ひろし3
Category : 徒然日記



以前、サラリーマンをやっていた時のことですが、入社一ヶ月後に、
全国の支社6社との合同会議があり、お前も出ろと社長に言われ参
加しました。
入社早々でもあり、終始黙っていました。
会議後、社長に呼び止められて、お前は何で発言しなかったのだと
言われ、ちょっと驚きました。
もともと場慣れするため、経験として出席するとしか思っていませ
んでしたし、例えばミラノ本店内での、私が所属する部署に関する
会議ならまだしも、支店長からマネージャークラスが集まるこの会
議で新参者のこの僕が話す理由も勇気もありませんでした。

上司批判になろうが、会社批判になろうが、とにかくこのような場
で発言できるくらいの勇気がなければイタリアではダメで、自分を
アピールできることは評価対象になります。
この時点では話すことの内容は二の次です。
そして次に何をどう話したかで、判断能力、分析力、理論性、独自
性、表現力や説得力が評価されます。
ある意味、言った者勝ちなのです。

何かを改善するため、新しいことを立ち上げるために話し合うわけ
で、意見の食い違いや論議があって当然なわけです。
日本だと批判、文句と思われることでも、ここでは提案、指摘、意
見として受け入れられます。
大きな会議であれば、最低限のマナーは必要ですが、時には声を上
げる、テーブルを叩く、怒ることもしばしば。
本気だったり、駆け引き上のお芝居だったり、状況によっていろい
ろですが、とにかく白熱します。

そもそも、それが狙いであり、淡々と進むだけの内容であれば、わ
ざわざ集まって話すこともありません。

相手が怒る、機嫌を損ねることを気にせず、ズバズバ思ったことが
言えるので、ストレスが溜まらず健康的です。
相手をムキにさせる、本気で怒らせることを言えたことが、逆にあ
とで評価されるケースもあります。
仮にお互いが怒って口論になったとしても、数時間後、一夜明けれ
ば、関係はもとに戻っています。
日本なら一生口をきいてもらえないだろうなと思うような発言を私
も何度かした経験があります。

例えば、コンペティターが始めたXXをわが社でもやりましょう的発
言はNGです。
A社、B社がこんなことやってますから、わが社としてはXXをやって
はどうでしょうか?というのが提案です。真似は真似でしかありま
せん。

そして、新しいことをやって失敗してもペナルティーにはなりませ
ん。人真似をして失敗すれば、それはマイナス評価になります。
管理職となれば別ですが、若い人に必要なのはバイタリティー。
そういう連中が上に行くか、別会社に行って、または独立して成功
しています。

このように試され、叩かれ、その中で理詰めで戦い、勝ち抜いてき
た人たちが会社の上層部にいる欧州、アメリカの企業と日本政府や
企業は戦わねばならないのです。

日本人と欧州人の駆け引きを見ていると、ちょっと違うな〜と思う
ことが多いです。十分に議論もせず唐突に断るとか、もうちょっと
交渉、すり合わせすれば?と思うのに、あっさり合意しちゃうとか。
日本政府はやたらお金をばらまいている印象を受けるのですが、議
論下手、交渉下手だとやっぱり最後はお金か〜と思ってしまいます。

もうすこし日本の大人社会は寛容になり、特に部下の意見、提案な
どを素直に聞く必要があります。
上層部が機嫌を損ねる、怒る、だからやらない、言わないでは組織
の活性化も変化、進化、成長は望めません。

下もそうですね、何か言われてすぐにスネるとか、やる気なくすで
は給料泥棒です。

面白い企画作り、企業作り、国作りの空気がもっと広がればいいな
と思います。



Category : 徒然日記 1Q84
Posted by Hiroshi 09 on  | 0 trackback

本と映画


IMG_1709_20161002062224819.jpg
Category : 徒然日記


"臆病な僕でも勇者になれた七つの教え"
映画でいうと "ロード・オブ・ザ・リング" のような冒険ファンタ
ジー、小説で言えば"聖なる予言"のようなスピリチャル系の物語が、
コンパクトに一冊の本にまとまっているという感じで、短時間で
素敵な気付きををたくさん得られる本だと思います。
脚本家としての実力と、彼女自身すごい人生歩んできた旺季志ずか
さんだからこそ書けたストーリー。
自己嫌悪から抜け出せない、人と違う自分に孤立感を感じている、
何かを変えたいと悩んでいる人も勇気をもらえる一冊。
ダークサイドとの対決-結末はすごく日本人的な展開で、アメリカ
のエンタメとは一味違う容です。

映画 "シン・ゴジラ"も満足です。
映倫のチェックがある中、ギリギリの限界域に達する表現だった
だろうし、興行収入も考えなければならないと思えば細かいとこ
ろも許せちゃう完成度。
想定外の事が起きた時、今の政府ではタイムリーに対応できない、
政治、社会的な構造の欠陥もよくわかります。

そしてもう1作かつ一冊。
"君の名は"
映画も本も、それぞれ面白いです。

私も小学生の頃、何かが違う..という感覚があり、家の近所や、電
車通学だったのですが途中下車して、どこかに僕の本当の世界があ
るんじゃないかと散策していた時期があります。
そんなことはもうすっかり忘れていましたが、世界や人とのつなが
りを改めて実感させてくれた作品です。



Category : 徒然日記 1Q84
Posted by Hiroshi 09 on  | 0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。